#
#
#

専門学校は大学や短大と並ぶ「高等教育機関」です。大学院や大学を卒業した者に博士・修士・学士、短大を卒業した者には短期大学士の称号が与えられますが、専門学校卒業者にも技術・技能・教養の学習成果を正しく評価するために、以下の要件を満たした者に「専門士」という称号が付与されることが、平成7年1月から認められました。

「専門士」の条件
●修業年限2年以上であること。
●課程の修了に必要な総授業時数が1,700時間以上であること。
●試験等により成績評価を行い、その評価に基づいて課程修了の認定をおこなっていること。

#

平成17年度から、以下の要件を満たした課程で、文部科学省が認めた専門学校修了者に対して、「高度専門士」という新たな称号が与えられます。平成17年5月現在、修業年限が4年以上の学科は356学科ありますが、このうち54%にあたる192学科が「高度専門士」の称号を付与することができる課程として認められており、平成17年度には約6千人の生徒に称号が付与されています。

「高度専門士」の条件
●修業年限4年以上であること。
●総授業時数が3,400時間以上であること。
●体系的に教育課程が編成されていること。
●試験等により成績評価を行い、その評価に基づいて課程修了の認定をおこなっていること。

#

専門学校には8つの分野があり、次のような人が向いているようです。

 第1分野(工業系)………モノづくりに興味がある人
 第2分野(農業系)………自然に対する理解がある人
 第3分野(医療系)………奉仕的な精神や手先が器用な人
 第4分野(衛生系)………栄養・調理に興味がある人(皮膚の弱い人は不可)
 第5分野(教育福祉系)…子供が好きな人、相手の立場になり考えられる人
 第6分野(商業実務系)…計画性、協調性のある人
 第7分野(服飾家政系)…センス、意欲のある人
 第8分野(文化教養系)…創造性、感性、美的センスのある人 

#