#
#

image建築士
 一般住宅、店舗、オフィスから公共建築物まで、安全で居住性がよく、しかも法令条項にかなった建物を建築するのが建築士の仕事です。建築士の資格は2級・1級・木造の3種類で、2級取得後に1級をめざすのが一般的です。国土交通大臣指定の大学・短期大学・専門学校の建築専門課程を卒業すると2級建築士・木造建築士の受験資格が得られますが、それ以外の場合は、一定の実務経験が必要となります。

測量士・測量士補
 農業・工業・土木・交通など様々な開発に必要な測量調査を行う仕事です。測量には基本測量と公共測量があり、職業としてはこれらの測量をする場合には、測量士または測量士補でなくてはなりません。測量士の資格は、国土交通省国土地理院が実施する測量士試験に合格するか、国土交通大臣指定の専門学校などで測量学を修めて測量士補の資格取得後、実務経験年数を積んで取得できます。

建築施工管理技士
 建築現場の指揮官として、工事の実施にあたり施工計画や施工図を作成したり、安全管理、工程管理、品質管理などを的確に実施し、質的なレベルを保ちながら工事が安全活円滑に実施されるように施工管理する仕事です。建築施工管理技士の資格には1級と2級があります。

kenchiku2.jpg製図技能士
 形あるものをつくるために必要な設計図を作成する専門家が製図技能士です。関連する資格に、技能士の検定職種として建築透視図制作、テクニカルイラストレーション、建築製図、機械製図、電気製図、構造物現図制作、車両現図のそれぞれ1~2級があります。

CAD利用技術者
 CAD(Computer Aided Design)はコンピュータによる製図で、従来の製図技術に代わって注目されており、ほとんどの建築業界・製造業界で導入されています。CADは機械・建築・電気など応用範囲は広く、高度な技術と知識が求められます。資格には建築CAD検定試験があります。

●専門学校の設置学科
建築・測量関連学科/土木関連学科/製図関連学科
●取得できる資格
建築士(国家資格)、測量士・測量士補(国家資格)、建築施工管理技士(国家資格) 、建築CAD検定試験(民間資格)
●専門学校卒業後の主な就職先
建築会社、建築設備会社、建築設計事務所、土木会社、測量事務所

国際理工情報デザイン専門学校

#