#
#

2018eiyo.jpg

栄養士
 病院や学校、企業の給食施設などで、栄養価を計算しながら献立を作ったり、材料の品質と衛生面でのチェックをしながら栄養学の立場からの指導を行う仕事です。
 ひとくちに栄養学といってもその分野は多岐にわたり、栄養生理学、病態栄養学、母性栄養、乳幼児栄養などさまざまな知識を身につけなければなりません。またこのほかにも、公衆衛生学や食品学といった分野にまでその知識は及びます。
 最近では「食を通して人々の健康を守る専門家」として、新しい期待が高まっています。
eiyo2.jpg 例えば、病院では医療の一環として治療食を考案したり、治療方針に沿った栄養指導にあたったりと、その活躍は医療・介護分野でも高く評価されています。
 厚生労働大臣指定の専門学校を卒業後、各都道府県に申請すれば、無試験で資格を取得することができ、栄養士として栄養指導を行うことができます。最近はスポーツ選手の栄養管理、食品メーカーでの健康食品の開発など、幅広くなっています。

管理栄養士
 栄養士取得後に、ある一定期間の実務経験を積むなどの受験条件をクリアした後、国家試験を受験します。
 病院や保健センターでの栄養指導、保健所等での栄養改善事業の企画、給食施設の管理業務などを行います。

●専門学校の設置学科
栄養関連学科
●取得できる資格
栄養士(国家資格)、管理栄養士(国家資格)
●専門学校卒業後の主な就職先
病院・学校の給食センター、一般企業(社員食堂)、食品会社、保健所、スポーツクラブ
#