#
#

imageファッションデザイナー
 商品のもととなるデザイン画をおこし、素材を選んで、型紙をおこすパタンナーに渡すまでがその主な仕事です。才能やセンス、デザイン画を描く技術はもちろん必要ですが、商品化されるまでに多くの人の手を経るため、自分のイメージをいかに正確に伝えられるかということも重要な要件になります。専門学校の服飾・デザイン系学科で学び、繊維メーカーや服飾メーカーに就職してデザイナーとして従事します。

パタンナー
 デザイナーがおこしたデザイン画をもとに、実際に洋服をつくるための型紙をおこしていく仕事です。どれだけ正確にデザイナーの意図を作品に展開できるかがその使命で、パタンナーの技術で商品の善し悪しが決まってしまうとも言われる重要な役割を果たします。熟練した技術とともに、卓越したファッションセンスが要求されます。

スタイリスト
 商品を的確にコーディネートしてファッションイメージを作り上げます。タレントやモデルなどの撮影に際して立ち会って、服や靴、アクセサリーまでをコーディネートします。ファッションに対する感性はもちろん、オリジナリティーも大切な要素です。

テキスタイルデザイナー
 テキスタイルとは織物のことで、洋服地や和服地から、カーテン地などのインテリア生地などの繊維をデザインする専門職です。糸の種類から織り方、色彩、パターンなどを考えます。ファッション感覚や色彩感覚だけでなく、素材と加工技術に関する専門知識も必要とされます。

●専門学校の設置学科
ファッション関連学科
●取得できる資格
ファッションビジネス能力検定(民間資格)、パターンメーキング技術検定(民間資格)、洋裁・和裁 技術検定(民間資格)、ファッション販売能力検定(民間資格)、ファッション色彩能力検定(民間資格)
●専門学校卒業後の主な就職先
アパレルメーカー、デザイン事務所、ブティック 等
#