#
#

image介護福祉士
 介護保険制度の導入や障害者自立支援法の制度等により、介護をめぐる諸制度が大きく変化し、介護ニーズも高度化・多様化しています。
 従来は身体的障害に対し「知識」「技術」のすぐれた者の養成が進められてきました。しかし身体的には問題はないが、認知症等による不安や混乱から生活に支障をきたしている方が、重大な問題となっています。そこで身体的な障害の「知識」「技術」と併せて、介護利用者の心理・認識面をしっかり捉えることのできる「態度(人間性)」の3点を三位一体に備えた人材が、私たちの生活に安心と潤いを注いでくれるのです。
 介護福祉士はその「知識」「技術」そして「態度」を三位一体に身に付け、介護サービス利用者の生活の質を、利用者とともに高めるお手伝い(支援)をする介護専門職です。そして制度の変化から職域もさまざまな領域に広がってきています。

社会福祉士
 高齢者や心身に障害のある人たちの福祉に関する相談に応じ、支援やアドバイスをしたり、病院や施設を紹介したりして、それぞれの問題の解決に当たる仕事で、ソーシャルワーカーとも呼ばれます。専門学校の社会福祉関連学科で学んだあと、指定施設での実務経験を積んだ者に受験資格が与えられます。介護福祉士とともに1987年に国家資格制度が発足しました。

社会福祉主事
 社会福祉主事は、「任用資格」といって、介護福祉士や社会福祉士のような国家資格ではなく、公務員として採用された後、社会福祉事務所のケースワーカーなどの職種についた時に初めて通用する資格です。しかし、社会福祉主事資格は公私の福祉分野では福祉職の基本的な資格として位置づけられています。
 なお、福祉事務所のケースワーカーは、福祉サービスを必要としている人の相談にのったり、生活保護の適用や保育所などの福祉施設への入所のための手続きを行ったりするのが主な業務です。kango3.jpg

介護職員初任者研修
 介護職員初任者研修は、介護に携わる者が、業務を遂行する上で最低限の知識・技術とそれを実践する際の考え方のプロセスを身につけ、基本的な介護業務を行うことができるようにすることを目的として行われ、介護職の入り口の研修として創設されました。修了者は介護現場で働くことができます。

●専門学校の設置学科
介護福祉関連学科/社会福祉関連学科/体育関連学科
●取得できる資格
介護福祉士(国家資格)、社会福祉士(国家資格)、社会福祉主事任用資格(公共資格)、精神保健福祉士(国家資格)、介護職員初任者研修(公共資格)
●専門学校卒業後の主な就職先
県・市区福祉課、社会福祉事務所、特別養護老人ホーム、老人保健施設、身体障害者療護施設、医療機関、在宅介護支援センター、介護保険居宅サービス

江戸川学園おおたかの森専門学校
成田国際福祉専門学校
中央介護福祉専門学校
京葉介護福祉専門学校
大原医療秘書福祉専門学校 千葉校

#