#
#

image臨床検査技師
 医師の指示のもと、病気の診断・治療のための検査を行い、科学的データを作成する仕事です。検査の内容は患者の血液や尿の分析などで、疾病の原因究明がその大きな目的です。このデータをもとに、医師は診断・治療を行うのですから、少しのミスも許されません。医学技術の進歩にともなって、臨床検査技師の扱う対象はさらに広がり、CTや超音波など、より専門的な技術と知識が要求されています。資格取得には、一般的には臨床検査技師を養成する学校を卒業後、国家試験に合格しなければなりません。

診療放射線技師
 診療放射線技師は、医師または歯科医師の指示のもとにX線などの放射線を利用し、病気の原因を見つける放射線診断や、患者の患部に放射線を照射し治療を行う放射線治療を主に行います。医学と理工学を結ぶメディカルエンジニアで、その仕事内容は多岐にわたります。診療放射線技師の養成所か専門の学校を卒業後、国家試験を受験します。

理学療法士・作業療法士
iryo2.jpg 理学療法士は身体に障害を持つ患者の機能回復の為に運動療法や物理療法などを用いて指導し、作業療法士は患者の身体及び精神機能の回復の為に、手工芸・パソコン・園芸・レクリエーションなどの作業療法を行います。共に医師の指示のもとに看護師・ソーシャルワーカー・言語聴覚士・義肢装具士らとともにリハビリテーションチームを組み、治療にあたります。理学(作業)療法士は、これらチームメンバーとともに、障害を持つ人々を支援する重要な仕事で、国家資格が必要です。

救急救命士
 救急救命士は、救急車により急患を病院に運ぶプレホスピタルケアー応急処置、ドクターに代わって救命処置をを施す専門職です。救急救命士法に基づく教育で、医学の知識のみならず人間としての倫理、価値観に基づく姿勢で社会に貢献します。最近は、各所にAEDが設置されており、救急車以外での活躍の場も拡がっています。

●専門学校の設置学科
臨床検査関連学科/診療放射線関連学科/リハビリテーション関連学科/救急救命関連学科
●取得できる資格
診療放射線技師(国家資格)、臨床検査技師(国家資格)、理学(作業)療法士(国家資格)、救急救命士(国家資格)、言語聴覚士(国家資格)、視能訓練士(国家資格)
●専門学校卒業後の主な就職先
総合病院、臨床検査センター、製薬会社、医療機器メーカー、リハビリテーションセンター、肢体不自由児施設、身体障害者施設、介護老人施設、消防本部、救命センター

千葉医療福祉専門学校
八千代リハビリテーション学院

#