#
#

joho.jpg●システムエンジニア(SE)
 システムエンジニア(SE)は、コンピュータの情報処理システムなどを設計・開発する仕事で、システムプランナー、システムアナリストとも呼ばれます。ユーザー(依頼主)の使用目的やニーズを的確に把握し、コンピュータにどんな仕事をさせるかを考えます。そのためには、コンピュータの知識のみならず、システム化する業務の内容まで理解しておかなければならず、柔軟な思考力と創造力が要求されます。資格としては、まず基本情報技術者試験をめざし、その後応用情報技術者試験にチャレンジしていきます。

●プログラマ
 SEが設計したシステム(プログラム仕様書)に従って、個々の命令をコンピュータ言語に置き換えてプログラムを組む仕事です。一般的にはプログラマとしての職務経験を積んでからSEに転身する例が多いようです。情報処理技術者試験(応用情報技術者・基本情報技術者)に合格していると有利です。

●Webデザイナー・Webプログラマ
 SEが設計した仕様書に基づいて、デザイナーが意図した表示や動作がWeb上で動くようプログラムしていく仕事です。簡単な問い合わせフォームから、ネットショッピングサイトのシステム、データベースを使用するシステムまで幅広く開発しています。
 パソコンだけでなく、携帯電話でもインターネットにアクセスできるようになり、これまで以上に高度かつ多様なサービスが急速に展開されている現在、Webプログラマの需要は非常に高いです。JAVA、XML、PHPなどのコンピューター言語やネットワークの知識を学ぶといいでしょう。

●ネットワークエンジニア
 企業活動の生命線であるネットワークについて設計・構築・維持・管理を行うのがネットワークエンジニアの仕事です。お客様が何を求めどのようなシステムにしたいかを収集し、コストと効果のバランスの取れたネットワークシステムを設計します。
 インターネットの基本プロトコルであるTCP/IPはもちろん、ルータやスイッチなどのネットワーク関連機器の知識も必要。また今やどんな情報システムやサービスでも必ず存在するサーバについては特に深い知識が求められます。シスコ技術者認定(CCNA・CCENT)、Linux技術者認定試験(LPIC)の資格取得が有利です。

●専門学校の設置学科
情報処理関連学科
●取得できる資格
応用情報技術者(国家資格)、基本情報技術者(国家資格)、情報セキュリティマネジメント(国家資格)、ITパスポート(国家資格) 、シスコ技術者認定(民間資格) 、Linux技術者認定(民間資格)
●専門学校卒業後の主な就職先
コンピュータ関連会社、ソフトウェア会社、一般企業システム部門

船橋情報ビジネス専門学校
明生情報ビジネス専門学校
国際理工情報デザイン専門学校

#