#
#

imageはり師・きゅう師
 はりは、身体全体にある経穴(皮膚の一点)に施術用の鍼を刺し、刺激を加える東洋医学で、人間の自然治癒力を活性化させる効果があります。きゅうはもぐさを体におき、燃やすことで温熱効果をもたらし、身体機能の改善を図ります。いずれも、厚生労働大臣または文部科学大臣の認定校を卒業すれば国家試験の受験資格が得られます。はり師ときゅう師は別々の資格ですが、互いに密接な関連があるため、合わせ持つことが多いようです。

あんまマッサージ指圧師
 あんまは、つぼにそって体の中心から「揉む」「押す」「さする」「叩く」といった方法で治療をする手技療法の一種です。指圧は古くから伝わる東洋医学療法のひとつで、手のひらや親指でつぼを押し、体に刺激を与えます。マッサージは「揉む」「押す」といったあんまと同じ方法で、西洋医学理論の基づき心臓を中心とする血管を対象に手足の先から心臓に向かって治療を行います。養成学校を卒業後、厚生労働大臣認定の国家試験に合格することで資格が得られます。

shinkyu2.jpg薬業
 営業として病院の医師に新薬を紹介するMR(プロパー)や、薬の流通に従事するなどが主な仕事です。また、専門の学校を卒業の後、2年間の実務経験後、薬種商認定試験(国)に合格すれば、医薬品を取り扱う薬店を開業することもできます。薬種商はそれぞれの地域社会に密着した保健衛生の良き指導者として厚い信頼を得ています。

●専門学校の設置学科
はり・きゅう学科/あんま・マッサージ・指圧関連学科/薬業関連学科
●取得できる資格
はり師(国家資格)、きゅう師(国家資格)、あんまマッサージ指圧師(国家資格)、薬種商(国家資格)
●専門学校卒業後の主な就職先
はり・きゅう治療院、マッサージ治療院、薬店、製薬会社
#